curtain stylemaplinkmap

カーテンの素材について

 

カーテンに使用されている素材はたくさんあります。綿素材やレーヨン、ポリエステルなどなどその素材によって機能やデザイン性もかなり違ってくるようです。ここでは、カーテンに良く使用されている素材、素材の特徴などについてご紹介していきたいと思います。みなさんがカーテンを選ぶときの参考にしてみて下さいね!!

 

綿(コットン)

 

綿素材は何と言っても、見た目の良さやさわり心地が優秀と言うことが魅力的でしょう。綿は、大量生産されている素材のひとつで値段的にも安く買えます。染色性も高く、綺麗なカラーカーテン、デザインカーテンが多く販売されています。ただ、綿素材のカーテンは太陽焼けしやすかったり、洗ったときにかなり縮んでしまったりします。お手入れの際は十分注意が必要でしょう。

 

ポリエステル

 

一般に販売されている多くのカーテンがポリエステル製品でしょう。それだけ、カーテンに適している素材と言えます。ポリエステル独自の柔らかさ、しなやかで光沢がありますので、無地でも存在感があります。ただ、性質上静電気が発生しやすくなり、ホコリやゴミを集めやすいため、お手入れ回数が他の素材に比べて若干多くなることがあるでしょう。ドレープ感があるので、シックなスタイルのお部屋、ナチュラルなお部屋のカーテンに。


 

 

麻素材は、耐水性があって、外からの日差しや高温による耐熱性もあります。生地は厚めで見た目的にも重量感があります。ポリエステルのような柔らかさ、しなやかなドレープ感はありません。麻素材のカーテンは、お部屋の匂いを吸収しやすいので、たばこを吸うご家庭ではあまり適していません。また、シワになりやすく、収縮性が強いのでお手入れの際には充分気を付けるようにしましょう。和をイメージできる素材ですから、アジアンテイストのお部屋やモダンスタイルのお部屋にピッタリです!

 

アクリル

 

アクリルは軽い割にはとても暖かみのある防寒にも効果的な素材です。また、染色性も高く、綺麗な色合いを出してくれます。汚れやホコリも付きにくくお手入れも比較的しやすいと言えます。ただ、素材の性質上アクリルは非常に燃えやすいと言われていてヒーターなどの電気器具などをお部屋で使用する場合は十分に気を付けましょう。

 

レーヨン

 

レーヨンはとてもなめらかなさわり心地で、ドレープ感もあり、高級なイメージやさわやかなイメージを与えてくれます。レーヨンのカーテンは、吸湿性、染色性が高く、綿やアクリルなどの他素材との相性も良いので混紡されて使用されることが一般的です。混紡して使用されることによって、レーヨンの耐久性の低さや伸縮性をサポートしてくれます。

recommend


医療脱毛について知る


池袋のパーソナルトレーニングジムおすすめランキング!口コミも比較!



2019/5/20 更新

 

Copyright(C) 2008 curtain style All rights reserved.